新潟の子供たちは小児喘息と上手く付き合っていた

小児喘息とはその名の通り子供の喘息である。一度発症すれば治らないと言われているが上手く付き合っていくことでコントロールが可能となってきた。

新潟でカイロプラクティックを行っているところによると喘息は首のゆがみから起こりうる病気だと言っている。実際に新潟の子供の大半が首のゆがみが起こったという。一見、首のゆがみと喘息は無関係のように感じるがそうではないようだ。

子供にとって非常に重要なのは骨格の形成だそうだ。骨格のずれやゆがみが喘息やアトピー性皮膚炎、赤ちゃんの夜泣きが激しいといった症状が現われてくる。カイロプラクティックというのは簡単に言えば整体矯正のようなもので子供を育てているお母様方からすれば子供になんて整体矯正なんてさせられないと考えると思いますが子供でも安心して出来るので、凄くいいと思います。

©2018 まごころ介護ガイド