ドイツ100年の歴史を応用した当院のオゾン療法

 オゾン療法とは使い方で薬にもなる猛毒であるオゾンを最も有効に人体に利用するものです。このことはドイツでは100年も前から知られており、ドイツの医師が「オゾンはがん細胞の代謝を阻害する物質を発生させる」、「オゾンはがん細胞の増殖を選択的に抑制する」と発表しています。オゾンは使い方により、現代医療の至らない部分を補ってくれるのです。当院のオゾン療法は独自のアレンジを加味して発展させたものです。 

 当院のオゾン療法は患者さんの血を200ml採取し、その血液にオゾンを溶かしてまた体内に戻すという方法です。こうすることで血中で通常の2倍の酸素のH2O2(過酸化水素)、すなわちスーパー赤血球が産生されます。これが血管のコレステロールを除去することで血管に弾力性が戻り、血管が太くなります。

そして血流・血行が良くなり、体内に大量の酸素が送られることで細胞が活性化を促します。

©2018 まごころ介護ガイド