薬を極力使わない治療を心がけている心療内科

東京の心療内科千代田心療クリニックでは、極力薬を使わない治療を行うように心がけています。ここでは、国内の精神科での薬物処方が多すぎる傾向にあるということに着目し、薬を処方するときは極力最小限にするようにしています。薬の使用を最小限に抑えることで、その副作用の出現を可能なかぎりおさえることができます。

ここでは、患者さん一人ひとりに適切なオーダーメイドの治療を行うようにしています。一人一人の患者さんによって症状はそれぞれ異なるものだという考えに基づき、それぞれの患者さんに適した方法で治療を行っています。また、ここでは患者さんがリラックスして治療を受けることができるように、医師と患者さんの間に壁を作らないようなコミュニケーションを心がけています。

©2018 まごころ介護ガイド