臍帯血移植で助かる命はたくさんある

たまにCMなどで耳にする臍帯血。聞いたことはあるけれど具体的にどういうもので、どう活かされるのかまで把握している人は少ないのではないでしょうか。臍帯血とは胎盤の中にある血液のことで、この血液の中に造血幹細胞という血液の元になる細胞が含まれています。しかも骨髄液に含まれている造血幹細胞の数倍もの量があるとされています。

つまり骨髄移植の必要となる白血病などの治療に効果的とされています。

また骨髄移植の場合、提供者側が外科的行為によって採取するため負担がかかりますが、胎盤の場合は出産後処分するものなので、新たに提供者側の負担がかかりません。臍帯血移植は拒絶反応が少ないというメリットもあります。採取できる病院は限られていますのでぜひ提供したいと考えているならば事前に調べておきましょう。

©2018 まごころ介護ガイド